トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

投稿論文が落とされた。。。

この数年、頑張ってきた論文をとある医学雑誌に投稿していたのですが、先日、正式に落とされてしまいました。 当初は好意的な反応だったのですが、書き直しがまずかったみたいで査読者に回らず、そのまま編集者の段階での不合格でした。 何が悪かったのかと…

出張手術

とある名手が出張手術をされたそうです。 チーム全体(前立、麻酔科、機械出しNs、体外循環技師)で行かれたようですが、チームで出張するというのはあまり聞いたことがありません。 アウエイなので、不確定要素を一つでも少なくするというのは、勝利への最…

病院は週末も開けるべきなのか

病院は週末も開けるべきとの意見があります。 病院は週末も開いてます。実際、われわれはこの週末も働いてましたから。 この意見は週末も通常外来をせよとのことだと思われます。 ただでさえブラック企業顔負けの勤務体系なのに、これ以上現場を疲弊させよと…

師匠の発表

先日の研究会で、久しぶりに師匠の発表を見ました。 日々、体を張って仕事をしている実務家らしく、派手ではないのですが、地に足の着いたものでした。 研究会というのは、ともすれば自慢の応酬、承認欲求の戦いになりがちですが、師匠の発表は血を流したも…

若手外科医の悩み

最近、若手外科医と話をする機会がありました。 その中で、ステントグラフト治療(TEVAR、EVAR)や低侵襲治療(MICS、TAVIなど)が発達しているため、若手の手術j機会が奪われている。 手術しないため上達しない。そしてさらに手術機会がなくなっている。 と…

医師の突然の退職

先日、医師のトラブルについて書いたのですが、最近周囲で頻発しています。 どうしてなんでしょうか? 病院自体の成長に伴う成長痛なのかもしれません。 今回はとある医師が突然退職されました。 保険、税金などの事務手続きについては総務部へ秘密裏に連絡…

医師の特殊能力

先日の会議で業務改善案が出されました。 必要書類の医師記入がなかなか進まないとのことです。 従来の方法は記入する必要のある書類を書類部の呼び出しに応じて書類部に行くといものです。 書類部が開いている時間(9-5時)しかできないので、忙しい医師か…

臨床宗教師

先日、NHKのクローズアップ現代で臨床宗教師について放送されていました。 知らなかった。有用な気がする。“穏やかな死”を迎えたい ~医療と宗教 新たな試み~ | NHK クローズアップ現代+ https://t.co/0VYGohxtOD — federao (@ymcf6) 2016年8月29日 不勉強…

何度も申し上げましたとおり、、、、

先日、保険会社の担当者による「クレーム対応」院内講習会がありました。 まず驚いたのは、医療というのは顧客満足度が90%なんだそうで、ディズニーランド、USJと並ぶ顧客満足度お化け業界なんだそうです。しかも年々上昇しているそうです。 一方で、客自…

Amazonの読み放題サービスが始まりました。楽しみにしていたので、早速登録。次々とダウンロードして読み始めてます。 Kindle Unlimited:月額¥980で、12万冊以上の本、コミック、雑誌および120万冊以上の洋書を読み放題 読みながら思ったのですが、これは…

あいつ、自転車止めるってよ

最近、尊敬する方が自転車で大怪我をされました。とにかく早い回復を祈っています。 またこんなニュースもありました。http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H09_W6A720C1000000/ 大怪我をし後遺症が残り仕事を失うリスクを考えると、自転車というのは全…

言うはやさし

先日の学会の新しいトップの講演が興味深かった。 長年トップの方が退いた後の後継者に当たる方なのだが、いきなり学会の危機的状況を話され、その対策の一つとして定年制の導入を考えているとのこと。 これは痛烈。しかも自分に利するところがないのでポジ…

不必要な学会がなくならない理由

医学系の学会は腐るほどあります。 こんなことを書くと叱られると思いますが、ほとんどは必要ありません。 学会のエライさん(評議員、理事など)になると無料で学会関連部会などに出席できます。交通費、宿泊費は学会持ちです。 時代が変わってしまい医師既…

共通言語 リンガフランカ

「共通言語 リンガフランカ」 という知らない言葉を、一日のうちに二度も聞くことになり、シンクロニシティを感じました。 一つは、今読んでいる世界史の本です。 アケメネス朝ペルシアの国王、ダレイオス1世は、広大な土地を治めるために、王の目、王の耳と…

頭の良さとはこういうことだ

悩みどころと逃げどころ(小学館新書) 作者: ちきりん,梅原大吾 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/06/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る この本、すごいです。 ウメハラさんとちきりんさんは、どちらも頭がいい。それは間違い…

学会のセンスのなさ

今回の学会で新たな試みが始まった。 学会発表中にツイートすると、発表スライドの下にツイートが流れるというものだ。 。。 予想通り誰もツイートしない。 ツイートすると会場がざわつく。発表中の集中が途切れる。 寝る人を減らすための工夫なら他にもやり…

学会村のしがらみ

今回の学会で不思議なことが起こった。 当院では研究助成金の削減のため、学会参加費は発表者のみ補助されることになった。座長担当だけでは補助されなくなってしまったのだ。困るのは重鎮たちで、今まで片手団扇で学会参加できていたのに、補助を貰うために…

IT化の波がやってきた

いつもお世話になっているエドワーズ社さんからのご案内がありました。 従来、様々な資料動画をDVDで配布していただいていましたが、Web閲覧になっていくようです。もちろん登録制。 www.edwards.com 時代の流れですね。私どもは地方病院なので情報弱者です…

A quote from Mark Twain.

www.ted.com I’d like to close with a quote from Mark Twain.ーそれでは最後にマーク・トウィンの言葉を引用して終わりにします。 More than a century ago, he was looking back on his life, and he wrote this: “There isn’t time, so brief is life, f…

先週、書いたスゴ本の作者が、新たな記事をアゴラにUpしている。 agora-web.jp 今回の朝ドラの視聴率がいいことは誰もが知っている。一方でNHKをはじめとするTVはどんどんお年寄りに特化していることにも、多くの人が気が付いているだろう。 この人は、その…

スゴ本

フリーランス女医が教える 「名医」と「迷医」の見分け方 作者: 筒井冨美 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2016/04/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 最近、アゴラで話題になっている本。 視点の良さ、視野の広さと深掘がすごい。バランスも…

情報の非対称性

2004年に導入された臨床研修制度では、初期研修医(1-2年目)に二年間の研修期間で研修病院の様々な診療科を回ることが義務付けられました。 このことで研修医が各診療科の勤務の実態を知り、敬遠される診療科が出てくるという「診療科による偏在」を引き…

外科医は絶滅危惧種?

先日の学会関連でもう一つ。 外科医の減少問題が挙げられていました。 外科医が減っていくことは確かに大きな問題であるのですが、視点を変えると、必ずしも悪いことではないという意見がありました。 つまり劣悪な環境のまま、外科医が根性論でとことんまで…

アンドロイド講演会

先日、大きな学会の特別講演を聞いてきました。 大きな学会では、こうした他分野のトップランナーの話が聞けることがあるので、得した気分になります。 今回は大阪大学 石黒浩先生! アンドロイドで有名な先生です。 てっきりロボットや、ITの話ばかりだと予…

ORCIDって何?おいしいの?

先日、論文投稿をする際に、ORCID IDを要求され、めんどくさいなと思いながら、仕方なくORCID IDを入手しました。 また新たな個人情報集めなのかなと思っていたのですが、今日、このサイトを見て、大きな勘違いをしていることに気がつきました。http://www.k…

勉強するのは誰のため?

NHK Eテレの番組 オイコノミア 「勉強するのは誰のため?教育の経済学」http://www4.nhk.or.jp/oikonomia/x/2016-02-15/31/1296/1303176/ を見ました。 この番組、ほんとに面白いです。ピースの又吉さんがやっている番組でお勧めです。 なぜ勉強するのか?と…

日々改善に取り組むこと

よく「現状維持は衰退」と言われていますが、その通りだと思います。 医療現場では、危機管理、感染対策などが、その代表例です。こんなもんでいいじゃない。と言った瞬間から地獄が始まることが多々あります。 そして外部評価が大切です。常に外部評価にさ…

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい

寒さが強まって一気に忙しくなってきました。緊急症例が立て続けにやってきて各方面がてんてこ舞いです。 いつも院内各部署にはお世話になっていて助かるのですが、さすがにこの忙しさに音を上げているところが散見されます。当然のことながら、こちらへのあ…

口だけではダメだ。

先日ブログで書いた院内の新規プロジェクトなのだが、http://yoshimor.hatenablog.com/entry/2015/12/25/154043 名称をどうするなど、当事者たちは大変盛り上がっている。 一方で、こちらは全面協力を約束した手前、関連患者さんを積極的に紹介しているのだ…

JAL DOCTOR登録制度の法的な問題点

日本航空と日本医師会は3日、医師が飛行機に搭乗する際、日航側が座席情報 などを把握できる「医師の事前登録制度」を導入すると発表した。機内で急病 人が出た際、迅速な手当てができるという。http://www.jal.co.jp/jmb/doctor/ --------- 人助け、患者治…

医療界のグレーゾーンのリベート

エドワーズ・ライフ・サイエンス社という医療機械メーカーがあります。 私が好きな会社です。というのは経営の姿勢がいいからです。 王道の製品を販売しているのはもとより、例えば勉強会、セミナーや若手の教育機会など、自社への利益誘導ではなく、医療全…

医療の進歩が疾患の概念を変えてしまう。

下肢静脈瘤に対する新しい治療法として静脈焼灼術が出てきました。静脈の中にカテーテルを挿入しレーザーや高周波で静脈を中から焼いてしまう治療です。 今までの治療に比べて、痛みも合併症もかなり少ないので、治療する適応が変わってきました。 つまりか…

仕事が与えられるということは、本当に素晴らしい

数ヶ月経過を診ている患者さんがいます。入院治療が必要な時期になり入院を提案したところ、近隣の大病院での治療を希望されました。 その気持は十分理解できます。規模の大きい病院のほうが何かと融通も効きますし、安心感もあるでしょう。一方でやはり寂し…

ワクチン行政って大切だと思いますが、意外とお金かけてない気がします。

NHKクローズアップ現代、2016年1月27日(水)放送、“副作用”がわからない? ~信頼できるワクチン行政とは~ をいまさらですが、見ました。 ワクチンというのは、メリット、デメリットを比較して、メリットが上回ると思われれば接種すべきものです。当然、デ…

シューティング・スターの危うさ

当初、何もできなかった研修医たちが、どんどん仕事ができるようになり、周りからも認められるようになっていく様子は、見ていて本当に嬉しいものです。 一方で、若さゆえの全能感に囚われ、少々突っ走ってしまう人もいます。 フィードバックがかからないの…

残薬調整はしないとだめですか?

残薬調整はしないとだめですか? 医師のSNS、M3にこのような質問があがりました。 残薬調整とは、飲み忘れなどで余った薬を病院側で数え直して、余りなく処方しなおすことです。 きちんと飲んでくれていれば、いつもと同じように処方すればいいだけなのです…

あなたの先月の売上はおいくらでした。

当院は赤字病院ということもあり、毎月のように各科の収益を評価されています。先月は当科の実績が低く、上層部からプレッシャーがかかってきました。同僚たちは相当気になるようです。 私はこのプレッシャーをまったく気にしないようにしています。 そもそ…

天才のこだわり

誰もがこだわりはあると思います。 私はこだわるほうなので周囲も迷惑していると思いますが、そのこだわりについては、理にかなっていて説明可能なものなので、説得すれば納得してくれることが多いです。 こだわりが他人と大きく異る場合は非常に困ります。 …

上司と部下の関係性

友人が部長職に就きストレスで8kgも痩せたそうです。 部長仕事の中心は、入院患者さんを主治医に振り分け、統率し治療していくことなのですが、患者さんやコメディカルからのプレッシャーがあるそうです。 私は、私の上司の意向で部長仕事を部長になる数年前…

Jリーグの先見性

先日、とある先端医療製品の講演会で聞いた話なのですが、この初期臨床試験デザインが実に用意周到に考えられていたことに驚きました。 いわゆる直接対決試験であり、既存治療と新規治療をまっこう勝負で比較しています。 通常、この手の試験では通常、既存…

生体腎移植経験談を聞きました。

生体腎移植を受けられた方の話をじっくり聞きました。 7年ほどのお付き合いになる年上の方ですが、その間に数回の手術と腎移植を受けられました。 腎提供者は奥様です。提供のお願いしたことは一度もなかったそうです。自然な話の流れでそういうことになった…

習慣化の致命的な欠点

昨日、習慣化の威力について書いたのですが、致命的な短所もあると思ったので書き足しておきます。 人間は同じ繰り返しすることを好む(だからこそ習慣化に威力があるのですが)ので、そこから離れられなくなります。新しいことに挑戦するのが億劫になってい…

習慣化のすさまじい威力

昨日のブログを書いたあと、習慣化について考えました。 習慣化の威力は十分、知っていたつもりでしたが、解っていませんでした。 習慣化することで、するかしないかの決断が不要になる。 習慣化し、とにかくまず始める。 するかしないかを迷い始めると、し…

書く勇気をもらえました。

makoto (id:okadamkt)さんブログお勧めです。この本はすばらしい。 okadamkt.hatenablog.com 実際にこの本を読み始めて、この1年まったく進んでいなかった論文執筆が進んでいる私が言うのだから間違いありません。この本に出会ってよかった。というよりも、…

昨日、お金がなくて病院にいけない人がたくさんいるという話を聞きました。

昨日のブログで欧米の視点について考えたのですが、その続きです。 「フェルドマン博士の 日本経済最新講義」という本を読みました。 アメリカ人から見た日本の現状の解説で、刺激的です。分量はそれほどでもないのですが、内容は濃く、全てのことを考え始め…

私は欧米よりもアジアに親和性が高いのかもしれません。

昨日、BBCで台湾大統領選挙のニュースをしていました。 蔡英文さんは初の台湾女性大統領になるのだが、アジアでは通常女性有名政治家は近親者に政治家がいる。蔡英文さんは近親者に政治家のいない、アジアでは極めてまれな女性政治家である。 ということを言…

糖質制限は医学的に理にかなっているのかもしれません

アジア人は糖尿病になりやすいという話を聞きました。インシュリン分泌が少ないなどの説があるのですが、糖質摂取が多いからかもしれません。諸外国に比較してアジア人は米、小麦の摂取量が圧倒的に多いのです。外国のマラソンランナーはレース直前にカーボ…

その場限りでは意味がないんだけど。

病院機能評価というものがあります。 第三者機関が病院を評価し格付けするというものです。 受審の二日間は病院内はばたばたでした。 医局の大量のマンガは片付けられ、喫煙者たちは近所の喫茶店まで足を伸ばし、遅刻常習者たちは定時出勤です。一部の審査員…

おじさんの少子化問題

皆んなで雑談していた時に、上司が突然、少子化問題について語り始めました。 少子化は大きな問題だ。子供がいないと日本は終わってしまう。インテリジェンスの高い女性が結婚しないし子供を生まない。 上司に反論するのも大人げないので、そうですねー。な…

2016年目標

今年の目標を考えてみました。本当はもう少し具体的ですが、公表出来る範囲で。 Open mindでいる時間を1秒でも長くする 聞いて済むことは躊躇せず、すぐ聞いて解決する 特にメンター 挨拶をきちんとする しなやかな心を持ち続ける 自分の凡庸さに絶望しない …