トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

情報収集に抜かりあり

先日、研究会で師匠と話をしていた時に、ある医療材料の新製品を教えてもらいました。非常に評判の良い製品なのだが、これについて教えて頂くまで全く知らなかったのです。

 

それなりに学会も研究会も参加させていただいているので、そういった情報は人よりよく収集できていると思っていたのすが、反省しきりです。地方病院では起こりがちなのかもしれません。一人よがりにならないようにガラパゴスにならないように。何より患者さんのためでもあるし、抜かりのなく常にアンテナを張り巡らせ、積極的にいろいろな会に参加しなければいけませんね。