トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

生活はどんどん苦しくなっていく

地方病院ではありがちなことなのかもしれませんが、患者さんの家庭状況があまりにもひどくかわいそうな例が続きました。

 

ひとつはソーシャルワーカーの助けで生活保護申請に至り、事なきを得ましたが、もうひとつは、本人が1次産業従事者で、同居している息子さんも少ないながら働いているということで、生活保護が受けられませんでした。

 

生活困窮度では後者のほうが厳しいのですが、こればかりはどうにもなりません。世の中が豊かになってはいますが、どんどんこうしたことが起こるのかもしれません。われわれができることは少ないですが、少しでも良くなればと思います。