トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

新しいことに対する抵抗

手術時手洗い方法が当院でも変更になりました。

一般的に数十年前からスクラブ剤とブラシを用いたブラシ法が行われてきましたが、ブラシによる皮膚損傷が起こりかえって感染が増える問題が指摘されています。

最近はブラシを用いずスクラブ剤で揉み洗いを行った後、速乾性擦式手指消毒剤で消毒するツーステージ・サージカル・スクラブ法(ツーステージ法)が多くの施設で採用されています。

これがOld fashioned Drたちに非常に評判が悪いのです。「新しい簡単なことにすぐに飛びついて。」「肝心の器械出しもろくにできないくせに。」などなど。

器械出し云々は別問題なので関係ありません。それよりも新しいことが受け入れられない硬直した考え方に大きな問題があると思います。この世界は日進月歩。次々に新しいものが出てきます。それぞれしなやかな心で受け止め、取捨選択していきたいと思います。