トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

小切開心臓手術 MICS Minimam invasive cardiac surgery の導入決定

先日の院長面談で、他の雑用を担当する引き換えに機材一式を買っていただくことになりました。

あまりコストが掛からず、その割に集客効果もあると考えられます。

それよりも今回の決断に至ったのは以下の理由です。

3年前、他施設に見学に行ったのだが、手技が安定していなくて、できるように思えなかった。現在は道具の進歩、知識の蓄積などで手技が安定しており、麻酔科の先生の応援、後押しもあり、やってもいいかなと考えるようになった。そして新しいことをし続けなければ衰退していくということを日々実感しているのでチャレンジする決心がついたというところです。

問題点は2つ。1.最近の内視鏡手術問題。批判が多いためうまく行かなければ批判される。2.若手の手術機会を奪う。

これについては熟考が必要です。