トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

若手医師たちの思い

昨日はとある研究会に参加してきました。内科若手中心の会でざっくばらんな雰囲気で、刺激になるため毎回参加させて頂いています。

皆さんの前向きな気持、治療したい。多くの症例を経験したい。どうしたら成績が向上するのか。といった熱い思いが伝わってきて、背筋が伸びる気持ちになりました。一方で院内での軋轢、特に外科医との攻防で消耗しているとの話が出てきました。かつてDESが出てきて外科医のフラストレーションが溜まった時代を思い出しました。10年後に趣旨返しでAS症例の奪い合いが始まっている様相ですね。

また「こんなことありました。」といったピットフォールネタもたくさん出来てき興味深かったです。懇親会ではエホバの方(輸血拒否)に対する対応の話も聞けよかったですね。