トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

長期入院患者の厄介払い

急性期病院の役割とは、急性期の患者さんを可能な限り良好にして、場合によっては慢性期病院へ転院していただくことです。しかしながら所々の事情により転院に同意して頂けなくて急性期病院に長期入院となってしまうこともあります。

病院側としては入院期間短縮という至上命題(長期入院になると病院の収入は赤字になります。特に赤字病院では大問題になります。)があり、どうしても転院する方向へのプレッシャーをかけてしまいます。しかも急性期での役割は果たしたという気持ちもあります。

患者さん側としては、今までの経緯だとか、医療側との関係性、患者希望に対する医療側の理解などが、転院によってごっそり抜け落ちてしまうことがあり、厄介払いされた気分になってしまう可能性があります。個々の家庭の事情もあるでしょう。

そうならない対策が必要なのですが、人、労力、システムが不足していて、お互いに満足な転院というのは、現状ではなかなか難しいですね。何かいい方法があればいいのですが。