トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

10月にスタートした新「医療事故調査制度」について

知らない方も多いと思いますが、この10月から新「医療事故調査制度」が開始されています。

 

この制度の対象となる医療事故は、「予期せぬ死亡や死産」とされています。

 

これが非常に難しいところだと思います。全ての医療行為に事故の可能性があるのだから、全ての事故は予期していたと言えます。新制度の設立目的からして、こういうことではないと思います。しかし全ての事故を予期しなかったものとするのも無理があります。この線引がどこなのかがよくわからないことで、現場の混乱を引き起こしている気がします。

 

今後、解明のために病理解剖が増えていくと思います。

 

今までは「解剖はどうされますか?」と型通りに聞くだけでした。「遠慮します」と遺族側が答えられると、カルテに「解剖を勧めたが拒否された」と記録され、それ以上の解明はしなくなります。

 

おそらく最近話題になっている医療事故の大半は、上記のことを辿ったのだろうと思います。

 

現場に負担をかけない程度にこの新制度をうまく運用する必要がありますね。