トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

どうして高速逆走認知症患者さんの免許を取り上げないのか?

高速道路を逆走してしまう認知症患者さんのニュースがよく聞かれるようになりました。

 

どうして医者はドクターストップしないのかと聞かれるのですが、実は非常に難しいのです。

 

まず病気の特徴として、初期の認知症患者さんはほとんど症状がないことが多いのです。だから診断も難しいし、ましては免許を取り上げるという強制的なことをするには、ある程度、はっきりした症状が出てからでないとできないわけです。一方で、少しストレスがかかる状態、例えば運転中だとか、道に迷ったとかすると、突然、症状は現れます。

 

そして地方では運転免許は生活に直結します。家からスーパーまで歩くと30分。という人はたくさんいます。また免許がないと仕事ができなくなる方も多いです。

 

となると免許を取り上げというのは、その人の社会的生命を取り上げることになるかもしれないのです。

 

「あなたは認知症の可能性があるので免許を取り上げます。」なんて突然言おうものなら、確実に激怒されます。二度と来てくれないでしょう。そうなると双方ともに損失が大きくなります。

 

このようになかなかいい解決策はないのです。