トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

評価されない職業?医師?

院内で医師を評価するかどうかという議論が出てきました。

 

公務員ですら評価され場合によっては解雇される時代なのに、評価されない職業があること自体問題あるような気がします。

 

私は医師評価制度に賛成です。正当に評価されることが進化に繋がると信じているからです。

 

しかし評価軸は非常に難しいと思います。コミュニケーション能力、リーダーシップ、利益、患者満足度、コメディカル満足度、学会、論文発表、会議出席など様々なものが考えられる一方、どう評価するかといったことも難しいですね。そしてその評価をどう反映させるかも問題です。

 

そうやって考えてみると、評価方法もあいまいで、それが反映されるシステムもまったくない十年以上前、医師たちは何をモチベーションに頑張り続けていたのでしょうか?非常に高尚な意識があったのでしょうか?それとも出世、名誉欲がそうさせていたのでしょうか?

 

たった十年前に今よりもすごく高尚な意識があったとは考えにくいですよね。今と同じで少しの高尚な意識と名誉欲なのでしょうね。

 

この問題は深いので考え続けたいと思います。