トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

新しいことはワクワクするものです。

病院内に新規プロジェクトが立ち上がることとなった。

 

今年度から院長が代わり、赤字解消のため次々に新しい施策が打ち出され、順調に行っている。今回の新規プロジェクトもその一環である。

 

ある医師が院長に直訴してできたものである。熱心であることはいいことなのだが、その熱心さは限定的なものなのでいろいろ心配している。

 

そもそもこのプロジェクトは近隣病院がやっていないことを売りにしているのだが、そもそもおいしいプロジェクトならどこの病院もこぞってやり始めているはずだ。どこもやっていないというのは、労力がかかるわりに売上が悪い。場合によっては赤字になる。ということなのだが、どうもその辺りの意識が希薄な気がする。

 

私も新しいもの好きなので、応援してあげたいのだが、どうも悪い予感が当たりそうな気がして仕方がない。