トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

仕事が与えられるということは、本当に素晴らしい

数ヶ月経過を診ている患者さんがいます。入院治療が必要な時期になり入院を提案したところ、近隣の大病院での治療を希望されました。

 

その気持は十分理解できます。規模の大きい病院のほうが何かと融通も効きますし、安心感もあるでしょう。一方でやはり寂しさみたいなのもあります。

 

仕方のないことなんでしょうが、信頼を勝ち取れなかったという現実に少し戸惑っています。「悩んでもしかたのないことを悩んでもしょうがない。」というのは私のモットーの一つですが、つい自分のどこがいけなかったのだろうかと自問自答してしまいます。

 

与えられた仕事を淡々とやるのみです。仕事が与えられるということは、本当に素晴らしいことだ。と改めて気付かされました。

 

そして大病院に負けない治療実績を今後も続けていくことが大事ですね。