トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

医療の進歩が疾患の概念を変えてしまう。

下肢静脈瘤に対する新しい治療法として静脈焼灼術が出てきました。静脈の中にカテーテルを挿入しレーザーや高周波で静脈を中から焼いてしまう治療です。

 

今までの治療に比べて、痛みも合併症もかなり少ないので、治療する適応が変わってきました。

 

つまりかなり軽い静脈瘤は、今までの治療法では痛み、合併症を伴うので、あまり治療しなかったのですが、新しい静脈焼灼術なら簡単にできます。従来は、かなりひどい静脈瘤でないと治療を勧めなかったのですが、最近は、静脈に逆流があり、足が少しむくむ人でも治療をするようになりました。

 

医療の進歩が治療適応を変えていく典型的な例ですね。