トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

医療界のグレーゾーンのリベート

エドワーズ・ライフ・サイエンス社という医療機械メーカーがあります。

 

私が好きな会社です。というのは経営の姿勢がいいからです。

 

王道の製品を販売しているのはもとより、例えば勉強会、セミナーや若手の教育機会など、自社への利益誘導ではなく、医療全体に対する社会貢献を積極的にしてくれています。

 

こういった広い視野で活動している会社はほとんどありません。

 

他社は、例えば治験(自社製品の使用調査)と称して、その治験費(調査費)を医師に提供するキャッシュバックするなどして、自社製品の売上を稼ごうとします。グレーゾーンのリベートですね。

 

治験費は本来、会社の利益になるはずのものが回っているため、会社の健全性を損ないます。私の知る限りエドワーズ社はこれをしていないので、健全ですし、利益も上がっているのではないかと予想します。

 

結局、こういった王道戦略が長期的な勝者になるのではないでしょうか。


今後もその姿勢を続けてほしいと思います。応援しています。