トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい

寒さが強まって一気に忙しくなってきました。緊急症例が立て続けにやってきて各方面がてんてこ舞いです。

 

いつも院内各部署にはお世話になっていて助かるのですが、さすがにこの忙しさに音を上げているところが散見されます。当然のことながら、こちらへのあたりがキツくなっています。

 

医師側としてもコミュニケ-ションを取りつつ調整しているのですが、なかなか円滑に進まなくなってきました。患者さんの受け入れをお願いしても抵抗されます。患者さんのためには受け入れないといけない。病院の売上のためには忙しくしないといけない。しかしあまりに忙しいと現場が悲鳴をあげてしまう。もう少し忙しさが均一化してくれると嬉しいのですが、こればかりは患者さん次第ですので、われわれがコントロールできるものではありません。

 

一般の方は、このような状況を察してくださって、日頃の健康管理に十分注意してください。繁忙期はどうしても事故もおこりやすいです。余裕のある時に早期診断治療をお願いします。