トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

情報の非対称性

2004年に導入された臨床研修制度では、初期研修医(1-2年目)に二年間の研修期間で研修病院の様々な診療科を回ることが義務付けられました。

 

このことで研修医が各診療科の勤務の実態を知り、敬遠される診療科が出てくるという「診療科による偏在」を引き起こしたとも言われています。外科もその一つです。

 

今までは情報が閉ざされており、適当に科を選んでいたのが、じっくりと選ぶことができるようになり劣悪労働条件のところは衰退しています。

 

以前、指摘したように根本的な改善のないまま、このまま進んでいても玉砕は目に見えていると思います。医学生、研修医の外科体験などの小手先の対応だけでこの問題が解決されると思いません。むしろ変な延命処置を施すくらいなら、さっさと崩壊してそれから立ち上がってくる新システムに期待したいところです。