トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

あいつ、自転車止めるってよ

最近、尊敬する方が自転車で大怪我をされました。とにかく早い回復を祈っています。

 

またこんなニュースもありました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H09_W6A720C1000000/

 

大怪我をし後遺症が残り仕事を失うリスクを考えると、自転車というのは全く割に合わない趣味だと思います。
安全に十分注意していても、リスクはつきまといます。さらに暑い時、疲れた時はリスクは非常に高まります。おそらく上記のお二人とも何らかの特殊な条件が重なったのだと思います。

 

私は今、真剣に自転車を止めることを考えています。

 

怪我をしていないのはラッキーなだけです。このことは自転車に乗っている人ならわかってくれると思います。いくら安全に運転していても危ない目には何度も会います。

自転車を止めることを真剣に考えていると近い人に話すと、あんな高い自転車を買ったのに。。。なんて言われました。

それはサンクコストなんで考えなくてもいいし、続ける理由になっていません。

しばらく悩み続けようと思います。