トンデモな医療界

日本の医療の世界は、世間から見たらトンデモなことが 色々とまかり通っています

医師の突然の退職

先日、医師のトラブルについて書いたのですが、最近周囲で頻発しています。


どうしてなんでしょうか?


病院自体の成長に伴う成長痛なのかもしれません。

 


今回はとある医師が突然退職されました。


保険、税金などの事務手続きについては総務部へ秘密裏に連絡していたようで、滞りなかったようです。


後任がいないため、その穴埋めのために周辺は混乱しています。前もってわかっていれば対処の仕様があるのですが、おそらく不本意な退職だったので、退職後の混乱を狙っていたものと思います。


医師の場合、すぐに次の職が見つかるため、突然の退職が可能です。しかし退職の規定では前もって通告する義務があるはずなのですが。

 


狭い世界なので、こういうことをすると、後々働きにくくなると思うのですが、よほど腹に据えかねることがあったのでしょう。